医療事務の女性

医療事務の仕事は専門性が高く、女性が働きやすい環境が整っており安定して働くことのできる職種であるといえます。
勤務先は大きい病院から小さな診療所まで全国各地にある医療機関すべてが対象です。
復帰もしやすく転居などで退職した場合にも再就職しやすいという点が魅力でしょう。

さらに年齢や経験も多種多様な人が医療事務として勤務しており、フルタイムでもパートでも自分のライフスタイルに合った働き方ができるために自分の時間や家族との時間も大切にできます。
家事との両立も十分に可能な職種ということで転職先としても非常に人気が出てきています。
病院に来た人と医師をつなぐ架け橋となり、不安な思いを取り除いたり、院内はもちろん近隣の薬局や提携の病院を案内したりとコミュニケーションをとりながら信頼関係を築いていくことも医療事務の役割です。
勤務するにあたっての専門的な学歴や資格も不要で求人の数も多い医療事務の仕事は転職先としておすすめです。

医療事務とはどういう仕事なのかを知ろう!

患者がいる受付医療事務とは大学病院から診療所まであらゆる医療機関で活躍する事務系専門職です。
医療事務のイメージというと、病院やクリニックの受付にいる人で、会計や予約の問い合わせの案内や対応をしてくれる人といったものでしょう。
受付として先生と患者さんの間の橋渡しのような存在になり、医療事務はそのクリニックの玄関口や顔ともとられる存在です。
接客業とは言い切れませんが老若男女すべての人に良い印象を持ってもらうために身だしなみやマナーなどは配慮が必要です。

医療事務とひとまとめに言っても仕事内容は多岐にわたり、クリニックの受付、カルテの作成と保険証の情報の確認および入力、診療後には会計業務があります。
それに加えて来院患者や入院患者の対応と案内、レセプト業務、その他清掃業務などの雑用といったものがあげられます。
事務職とはいえ多くの人、中には体調不良で辛い思いをしている人や子供連れの人など様々な方が患者として出入りする業界です。
事務処理能力やパソコンスキルはもちろんですが、さらにすべての方に不快のないように対応する対人スキルやコミュニケーション能力も求められます
また病院によってはかなり混雑したり、長めの待ち時間が発生したりする可能性もありますので効率的な作業能力や臨機応変な案内ができる判断力と行動力も必要とされる職種です。

他にも医療事務スタッフが行う雑用には大きな意味があります。
カルテを整理して順番を並べ替えておいたり、待合室の植物に水をあげたり、暑い日には水を用意したりと雑用の内容も多岐にわたりますが、その1つ1つが大切な行為といえます。
先にあげた医療事務の業務内容のなかでも、他の事務職にはない医療事務ならではの特殊な業務としてあげられるのが診療報酬点数表を参考にした点数制の会計業務とレセプト業務です。

点数制の会計業務

医者にかかったら診療後に診療費を受付で支払います。
診療中に医師が入力した患者さん一人ひとりの診療内容を確認して診療報酬点数表を参考にすべての診断項目に点数をつけて医療費を算出します。
総額の何割かを保険の内容に応じて自己負担分として患者さんに請求するというものです。
必要に応じて処方箋も同時に出すこともあります。

レセプト業務

レセプト業務をする事務員こちらは会計業務で患者さんからいただいた診療費以外の残りの医療費を患者さんの保険証を確認しながら保険者である企業や国に請求するための業務のことを指します。
例えば医療費が3割負担となっていれば、窓口で患者が支払っている額は総額の3割であり、残りの7割を病院側が保険者側から支払ってもらっているということになります。
間違いのないように請求しなければならないので、毎月の締め日の前は通常よりも業務があわただしくなることが多いです。

これらの2つの業務が医療事務ならではといえるものですが、近年では電子カルテや医療業界の情報のコンピューター化もかなり進んできているので一度覚えてしまえばそこまで難しい手順ではありません。
患者さんのなかには診療費の内訳や前回の治療費との値段の違いについて細かく質問してくる方もいらっしゃいますのでそれに対応できるような最低限の知識は必要といえます。

専門的な業務以外にも患者さんへの思いやりのある対応や病院や診療所という場所柄もあり院内や受付周辺の環境を清潔かつ誰もが過ごしやすいものに整えること作業があります。
体調不良で機嫌が悪かったり、待っていられず横になりたかったりというような患者さんの不測の事態にも普段と変わらない落ち着いた対応やニーズに合った丁寧な案内をすることもとても大切な仕事内容であるといえます。
どちらかといえばマナーや言葉遣いも重視されるという点で接客業に近い一面もあります。

就業時間は医療機関の診療時間内で、残業もほとんどない上に午前診療と午後診療の間に2時間前後の休憩時間があるのでパートタイムで短時間でも働きやすい環境です。
フルタイムの場合にはシフト制であり、時給は1000~1500円程度、社員であれば経験や勤続年数に応じて20~30万円といったところです。
医療事務の仕事は、医師や看護師が担う診療や治療以外の部分を全て担当し、患者さんと医師をつなぐ重要なものです。
レセプト作成やカルテ作成などを通して日々の診療をスムーズに回すために必要不可欠な業務として医療機関にはなくてはならない存在です。

医療事務には資格がなくても働けるって本当?

医療事務の資格は専門学校で講座を受けるか、通信教育を利用して独学することで最終的な認定試験に合格すれば誰でも取得することができます。
取得までの期間も1年以内と比較的短期集中で取得することができるため人気の資格となっています。

しかし医療事務として働くのに必ずしも資格が必要というわけではありません
医療事務という資格がメジャーになってきたのはごく最近のことであり、それまでは病院や診療所の受付担当者が自動的に医療事務の仕事内容を担当してきている歴史があるのです。
つまり無資格でも仕事内容さえ覚えれば誰でも務めることのできる仕事です。
医療事務として働く際に本当に専門的な知識が必要なのは診療報酬の計算をするための点数表の見方やレセプト業務の際に求められる医療費の算出の仕方です。
保険証や医療証の見分け方や請求する費用の割合などに関する知識の部分だけともいえ、あとは患者様への対応や関係各所への接客や事務連絡、雑用など気遣いとマメささえあればすぐに対応できる仕事だといえます。

さらに医療業界としても資格の有無よりも現場での実務経験や本人の熱意ややる気を重視することで即戦力になってくれそうな人材を求めて採用する傾向にあります。
実際に転職して医療事務になった方の前職は全く違う分野であったり、異業種であったり、なかには接客業や保育職、さらには主婦から医療事務になったという方もいて多種多様であります。
誰しもはじめは初心者ですので、資格の有無というよりも採用先の医療機関が求めている時間帯や曜日に勤務することが可能で互いに条件の合う人材を採用する傾向もみられます。

求人数が多い医療事務

医療事務は今や人気の職種であるため、未経験だけれど今後は医療事務として働きたいという方はかなりたくさんいますが、その分求人も全国各地で豊富に出ているのが現状です。
医療事務として無資格でも働いていきたければ、その熱意をもってとにかく自宅周辺のエリアで医療事務の募集があった場合にはすぐに連絡して面接に挑戦してみることがおすすめです。
また、医療事務は比較的女性が活躍しやすい職種ですのでその分結婚や出産などで一定の周期でスタッフが入れ替わりやすいという特徴もみられます。
そのため医療機関のなかには求人を出さずに内部スタッフの紹介や派遣のスタッフで現場を回して求人を出すための労力や費用を節約しているクリニックや診療所も意外と存在します。
以上の点から無資格でも、未経験でも本気で医療事務として頑張って働いていきたいという強い思いがある場合には求人が出ていなくても可能です。
医療機関に連絡をして今後募集する予定はないかどうかを確認するのも一つの手段としてあげられます。
とにかくチャレンジ精神が大切な仕事です。

無資格でも働きながらコツコツ成長

資格は一つの指標や採用試験における判断材料でしかなく、現場でも多くの無資格でも優秀な医療事務として活躍しているスタッフがいるからこそ、無資格でも未経験でも採用されるのです。
先輩スタッフの方々も自分たちが未経験のところからはじめて努力してきたからこそ現場で活躍できる有能なスタッフとして成長できたという経験があります。
だからこそ未経験でも資格がなくても新しいスタッフに1からしっかりと仕事を教えてくれる環境が整っている点が魅力であるといえます。
医療事務として現場にいれば少しずつですが着実に仕事は覚えられますので、資格取得よりも、熱意をもってはじめが雑用からコツコツと取り組む姿勢を大切にしてみると良いでしょう。
資格よりもその人の人柄や思いやりをもった行動が普段からできるかどうか、さらにチームワークを大切にできる協調性やコミュニケーション能力があるかどうかといった適性をみられると認識しておくことが大切です。
以上の点から医療事務は資格がなくても働きやすい職種であるといえます。
求人の数も多いので研修制度が充実している職場を見つけることも可能です。

医療事務の資格があれば転職にはさらに有利

医療事務の資格は国家資格ではなく民間資格や認定資格ですので転職する際に必須ではありません
しかし資格を取得しているということで、転職前に知識を深める努力を事前にしているというアピールポイントになります。
医療事務にどうしてもなりたいという熱意があると医療機関の採用担当者に受け取ってもらえる可能性は十分にあります。
同業からの転職であれば実務経験としては申し分ないですが、勤務中に医療事務の資格も取得したとなれば働きながら勉強をしてより専門性を高めたいという向上心があると認識してもらえます。
好印象であるとともにライバルと差をつけて転職する際には非常に有利になるといえます。

前述したように医療事務は国家資格ではない関係で、複数の団体や法人が独自に主催および認定している資格ですので医療事務と名乗れる資格はいまや10種類以上存在します。
それぞれの資格に特徴があり、難易度や合格率にも差があるので取得前にあらゆる資格について調べてより知識を深めたい分野や苦手分野のカバーに強い資格をピンポイントで取得することが望ましいです。
例えばレセプト業務に強い診療報酬請求事務能力認定試験や、医療事務としての一般的な知識を身に付けるための認定医療事務、実技試験が必須な医療事務管理士、さらにはカルテ作成や診療報酬の算定に欠かせない健康保険や医療費関連の事務資格などがあげられます。

よって医療事務としての広く浅くの仕事や初心者でも分かりやすい知識を学びたいのか、ある程度経験を積んでいるので更なるスキルアップのためにより専門的な知識をピンポイントで深めたいのか選ぶべきでしょう。
本人の明確な目標や現段階でのスキルに応じて取得すべき資格を選ぶことも求められます。

どんな資格を持っておけば良い?

資格はやみくもに取得するのではなく、自分のレベルに見合ったものをバランスよく取得しておくことで転職活動ではかなり役に立つアピールポイントになります。
もちろんいくら専門的な知識があって実務経験が豊富でも、採用担当者が自分の職場とは相性がよくないと判断すれば採用はされません
なによりも熱意や人柄を重要視する業界なのでそういう意味では医療従事者としての接客やマナースキルに強い資格を学ぶことも良いといえます。
認定資格をもっているという肩書きは転職する際の保険ともいえます。
なぜかというと経歴だけで判断する場合には未経験で無資格よりも、未経験だけれど有資格といった内容の方がなんとなく心証が良いのも事実であり、強みにもなります。

経験や資格で給料に差は出る?

また経験の有無や経験年数と同様に取得している資格の種類によってはお給料が少し高くなったり、昇進にも近い立ち位置での採用になったりする可能性もあります。
さらには責任ある仕事を任せてもらえるようになり、即戦力として現場で活躍できる近道となることもありますので、民間資格だからといって甘く見ないように注意しましょう。
医療事務としての転職をスムーズに進めて即戦力として活躍し、キャリアアップや収入アップを目指すのであれば、関連資格や職場が指定する認定資格を取得しておくことが望ましいといえます。
資格試験を主催している団体によってはその団体が定める条件を満たすことで受講料が割引になるところや、資格取得後の就職活動までサポートしてくれるところもあります。
まずは主催している団体や試験の実施内容について情報を集めることが望ましいです。
勤務先となる医療機関が一部の費用を補助金として出してくれるところもあるので、転職によってキャリアアップを図るようであればこのような制度を導入しているところを選んで転職すると着実に成長できるでしょう。
医療事務の資格は、所持していることで就職が確定するわけではありませんが、アピールポイントにもなり、評価すべき要素になるために転職活動の際には非常に有利になるといえます。