調剤薬局事務として働くことのメリットとデメリット

調剤薬局事務とは、医療機関でもらった院外処方箋を受け付けし、薬や調剤に関する料金の計算をします。
保険調剤では、患者さんからは一部負担金だけをいただき、残りの差額は調剤報酬明細書を作成し、保険者に請求します。
その調剤報酬明細書の作成や保険者への請求に関わる業務も調剤薬局事務の仕事です。

受付では処方箋を受け取るだけではなく、保険証の確認やお薬手帳の有無の確認なども行います。
また、薬剤師がスムーズに仕事ができるように、薬袋の準備やお薬手帳へのラベル貼り、時には調剤助手として、薬の錠数を数える手伝いをすることもあります。

窓口での業務が中心ですので、患者さんからのクレーム対応ももちろん仕事の一部です。
そのほかドライブスルーのサービスを導入している調剤薬局では、患者さんのところに出向いて処方箋を受け取ったり、待ち時間を快適に過ごしていただくためにお茶などのサービスを行うところもあります。

調剤薬局には大抵、市販薬も置いてあるため、医薬品の知識が身につくことがメリットです。
医療用医薬品だけでなく、市販薬の知識も身につけられることは、普段の生活にも生かされることでしょう。
その他のメリットとしては、病気の知識が身に付きます。
また、薬剤師が患者さんに薬の説明をするのを聞いている中で、飲み合わせや食べ合わせといった知識も身につくでしょう。
知識以外のメリットとしては、未経験者でも雇ってもらえる可能性が高いことが挙げられます。
ただ、最初はパートから始まり、様子を見て社員に引き上げるケースもあります。

デメリットとしては、正社員の場合は勤務時間の長さが挙げられます。
患者さんが薬局に行くのは、診察が終わってからなので、近隣の医療機関の受付時間よりも調剤薬局の営業時間の方が長くなります。
もちろん、パートや時短勤務の場合は別です。
その他のデメリットとしては、自分の薬局に置いていない薬があると薬剤師の代わりに多店舗に薬を取りに行くという突発的な業務があります。

調剤薬局事務と薬剤師のちがいについて

薬剤師は国家資格です。
また、調剤業務は医師、歯科医師、薬剤師でなければできないことです。
それだけ身分も保証されており、給与もそれなりに高いです。
ところが、調剤薬局事務は未経験者でもできますし、資格試験があっても民間資格にすぎません。
正社員だといっても、規模の大きい調剤薬局のグループの場合を除いては給与面ではあまり期待できないでしょう。

場所によっては調剤薬局事務も調剤助手の仕事がありますが、あくまで錠数を数えるなど簡単なものに限られます。
また、患者との会話ですが、薬そのものの説明、指導は当然ながら薬剤師の仕事です。
疑義照会といって、医師の処方箋での疑問点に対応するのも薬剤師の仕事です。

何もわからない患者はよく、自分の欲しかった薬と違うと窓口にクレームを言うことがありますが、内容を確かめ、それが薬そのものに関するものであれば、薬剤師が医療機関の方に問い合わせを行います。
規模の小さい調剤薬局では、フルタイムの事務が1人、時短勤務の事務が1人、薬剤師が1人といった少人数で行っているところもあります。
そういったところでは、調剤報酬明細書の作成と点検は基本的に調剤薬局事務の仕事ですが、締め日近くになると薬剤師が手伝うこともあります。

薬剤師が行っても調剤薬局事務が行ってもいい仕事もありますが、基本的には薬剤師は身分が保証されており、より高度な責任ある仕事を行っています。
ここが大きな違いです。
調剤薬局の場合、そこで働く人の数が少ない分、人間関係がうまく構築されていれば、楽しく仕事ができます。
薬剤師との連携がうまくいかないとずっと苦手な人と一緒に仕事をすることになり、結果として仕事面で苦労することがあります。
こういう点もデメリットといえるかもしれません。