病棟クラークという仕事のやりがいとは?

病棟クラークは医療関係の仕事のひとつで、入院施設のある病院に配置され、主として院内の事務処理を担当します。
具体的にはカルテの整理や病室の手配、患者の入退院・転院の手続きなどです。
現在の病院の仕事は高度に分業化され、それぞれの専門分野に専念できるようになっています。
医師や看護師が患者のケアに集中できるように、側面からサポートするのが病棟クラークの役割です。
医療機関の能率向上や経営改善には、優秀な病棟クラークの存在が欠かせません。

病棟クラークは言わば縁の下の力持ちであり、決して目立つことはありませんが、実際に患者と話をする機会は少なくありません。
また医師や看護師とは、ナースステーションで日常的に接することになります。
病院の中でも、非常に多くの立場の人と関わる仕事です。
入院患者の不安を解消したり、診察や看護を手続きの面から支援したりして、他人から感謝されたとき、やりがいを感じることになるでしょう。

職場によっても異なりますが、病棟クラークは基本的には定時に帰れる仕事で、夜勤や当直などはありません。
残業もしなくてよい職場が多いものの、仕事量次第で非常に多忙になるため、高度な事務処理能力が求められます。
ひとつの病院または病棟に、病棟クラークはひとりだけ配置されるケースがほとんどです。
気軽に話せる同僚や相談相手がいないので、やりがいがある反面、プレッシャーを感じることがあるかもしれません。

病棟クラークになるために特別な資格は必要ありません。
原則として年齢や学歴の制限もありませんが、採用するのは個々の病院であり、面接試験に合格する必要があります。
多くの病院では即戦力を求めているため、専門用語に関する知識を持っていれば有利です。
まったく経験がない方は、未経験者可の職場を探すか、人材派遣会社に紹介してもらうという手段があります。
また病院事務職の知識が身につく通信講座を受講するのもひとつの方法です。

病棟クラークと看護助手の違いについて

看護助手は病棟クラークに似たところも違うところもあります。
共通点は医師免許や看護師免許を持っていないので、患者に対する医療行為ができないことです。
逆に相違点は、医療クラークはカルテの整理などを中心にした事務職であるのに対して、看護助手は入院患者の食事や入浴の世話など、看護職・介護職に近いサービスを提供するところです。

事務職ではあっても、病棟クラークは看護職や介護職と同様、医療に関する専門知識が身につくというメリットがあります。
ただし現在のところ一般社会の認知度があまり高くないため、雇用環境は必ずしも良好とは言えません。
正社員ではなく非正規雇用で働く病棟クラークも多数います。
事務職としては給与は悪くありませんが、医師や看護師のような公的資格があるわけではなく、非正規雇用が多いという理由もあって、他の専門職に比べると見劣りすることもあります。

パートやアルバイトが多いということは、自由度が比較的高いということでもあります。
十分な経験を積んでいれば、結婚や出産などで一度退職しても、復職しやすいというメリットがあります。
基本的に定時の仕事であり、転勤や出張などもないため、子育てとも両立しやすいのが特徴です。
こうしたことから病棟クラークは、女性に向いた仕事のひとつと考えられています。

仕事量が多く専門知識も必要とする病棟クラークですが、現状では使い走り的な存在と見なしている医師や看護師もいて、社会的な地位が高いとは言えません。
今後は認知度のアップとともに、職能にふさわしい雇用体系や給与体系の整備が期待されます。
雇用環境が改善されれば、安定した職業としてフルタイムで働く方も増えていくでしょう。