夜間の医療事務なら中高年でも転職できる!

医療機関で診察や治療を受けると最後に会計があります。
保険証の種類によって負担金が異なり、提示がない場合は全額負担となります。
この時負担する金額は診療報酬と言う決められた費用が元となります。

日本の医療費は皆保険制度によって賄われています。
そのため医療機関で行われる医療行為に対してそれぞれの報酬が細かく決められています。
また、そこで使用する薬品は薬価が決まっています。
そのため基本的にどこの医療機関を受診しても同じ医療行為が行われた場合は同額の請求になります。
その報酬や薬価の細かなルールを知って、患者に請求したり、診療報酬の請求のために算定するのが医療事務の仕事です。
月に1回しか算定できない検査や分量によって異なる薬価などの決め事は詳細で広範囲です。
間違えた計算をしてしまっては患者の負担になったり、報酬が得られないことになります。

医療事務に国家資格はありません。
方法を知っていることで勤務することが可能です。
その能力を示すために検定を行なっているところもありますが、資格要件ではないのでなくても大丈夫です。
主な仕事の内容として挙げられるものには、医療保険制度、患者様応対、医療費計算方法、請求事務などがあります。
医療機関があれば必ず必要な職種になります。
新規開業する場合も募集されるのはもちろんですが、診療時間ごとの募集など通常の会社勤務とは異なった採用がある分野です。
一度経験すると知識が得られるので条件の良いところへの転職もしやすい特徴があります。

医療事務は、カルテに書かれているものをルールに従って分類し、計算して請求する作業になります。
基本的に同じ作業の繰り返しで、事務仕事なので中高年でも十分行うことができます。
特に急患などが多い救急指定病院の受付は、高齢者でも対応が可能な転職先として考えられています。
夜間の業務になるので手当がつく場合が多く、他の職種よりも給料などの条件が良いところが多い傾向にあります。

夜間勤務は患者とのトラブルは多いが給料はいい?

中高年の転職先として有望なのが救急指定病院など夜間の急患を受け入れている医療機関の医療事務です。
夜間でも急患でも行われる医療行為について算定される診療報酬は変わりません。
誰かがその計算をしなければいけません。

多くの救急指定病院では、夜間の受付対応と医療事務は同じ担当者の作業となります。
急患が来たら問診表の記載をお願いしてカルテを用意し、医師へ連絡します。
この処理が受付業務になります。
場合によっては、患者が意識のない状態で救急で運ばれてくることもあります。
そんな時は救急隊員による対応が求められます。

全ての医療処置が行われた後は診療報酬の算定になります。
患者が帰る前に負担金の支払いをしてもらう必要があります。
体調の悪い患者を長時間待たせることもできません。
また急いで出て来たことから必要な保険証を持って来ていなかったり、想定よりも多くの検査を行なって手持ちのお金では足りないこともあります。
保険証の提示がなければ医療費は全額の負担となり、後日提示してもらったときに払い戻しとなります。
このような説明も医療事務の仕事として求められます。

夜間は昼間と比べて受診する人数が少ないので医療事務の処理は高齢者でも行うことができきます。
ただし急患で来る方が多いので保険証がないことやお金が足りないなどのトラブルも多く発生します。
それらの円滑な処理を行う必要があり、通常の業務だけではない大変さがあります。
昼間の医療事務のような処理しきれないほどの量はありませんが、夜間の医療事務ではその業務の負担の大きさから通常の給料とは別に手当が出されるところが多く、中高年でも転職できる勤務先としては収入を得やすい職種になります。