履歴書と封筒

医療事務へ転職する際の志望動機の書き方

医療事務に就職や転職をする際に必要な履歴書ですが、必ず志望動機を書く欄があります。
卒業した学校などはスラスラ書くことができても、志望動機で悩んでしまう人は少なくありません。
しかし、医療事務というのは、人気のある職業で、ひとつの求人に対して多くの募集が集まることも珍しくありません。
そのような時、面接に進む人を絞り込むために、志望動機の欄はチェックされます。
医療の仕事というのは、協力して行うことが求められます。
医療事務であっても、その傾向があります。
そのため、文章としてアピールすることで、面接へ進む確率が高くなります。

では、医療事務の履歴書の志望動機はどのように書けばいいのでしょうか。
まず、他のクリックではなく、なぜそこを選んだのかということを書きましょう。
ホームページなどでクリニックの特徴などを理解しておくと安心です。
患者さんとして行ったことのあるクリニックであれば、さらに分かりやすいでしょう。

そして、医療事務という仕事を選んだ動機も書きましょう。
昔、親や祖母が病院にお世話になったからというものは、よくありますが、今とは時代が変わっていることもあるので注意しましょう。
書き方としては、医療事務という仕事内容を把握した上で書く必要があります。
受付業務だけでなく、カルテなどの業務があることを知っておきましょう。
経験者で転職する場合であれば、前職でどのような仕事をしていて、どのような仕事ができるのかということを書くと自己PRになります。
未経験の場合は、パソコンの操作ができることや、コミュニケーションが好きと言った自己PRを書きましょう。

書き方で就職先に与える第一印象は大きく変わります。
自分の中で、ストーリーを組み立てて、それにそった内容にするとアピールができるでしょう。
未経験の人は、何を書いていいかわからないということが多いですが、自分の志望動機を書く前に、仕事の内容を確認してから書くと良いでしょう。

医療事務の履歴書に書いてはいけないこと

医療事務の履歴書に書いてはいけないことがあります。
それは、将来が安定してるといったことや、家から近いといったことです。
これらがNGになる理由としては、これらは、応募者から見たメリットであり、採用する側のメリットではないからです。
長期間働けるからといった理由も同様に避けた方がいいでしょう。

また、医療事務はひとつの職場で長く働ける安定した仕事だということが一般的に言われていますが、職場によって変わってきます。
伝聞を元にした内容は印象が悪くなってしまいます。
必ず、自分で調べたことを元に、オリジナルの内容で書くようにしましょう。

今は志望動機の例文集などもあります。
例文には魅力的なものが多いですが、そのまま書いてしまうのはNGです。
なぜなら、他の応募者も見ている可能性が高く、書いたとしても他の人と同じような内容で採用者の目に留まることがなくなってしまうからです。
もちろん、例文を参考にするのは構いませんが、オリジナルの自己PRを付け加えるようにしましょう。

また、志望動機の書き方が、なぜ目指すことになったのかというきっかけになってしまっている人がいます。
ストーリーが書かれていることが多いのですが、脚色されていたり、辻褄があわなくなってしまう人が多いです。
志望動機に書いてもいけないというわけではありませんが、それ以外にも、自分の強みや活かせるポイントを書いてアピールしましょう。

医療事務という仕事は未経験だから、分からないことは仕方がないという意味で書いてしまうと、残念ながら不合格になってしまいます。
調べられることは事前に調べておき、未経験でもやる気はあるというアピールにつなげるようにするといいでしょう。