個人病院の医療事務に務めるメリットとデメリット

医療事務の資格を取得すれば、個人病院や総合病院で働けるようになります。
どちらを選んだら良いのか迷うところでしょうが、まず、一般的に多い個人病院のメリットとデメリットを知っておくのが賢明です。

メリットとしてあげられるのは、個人病院ならすべての流れを経験することが出来るようになります。
裏を返せば、広く浅く経験することが出来るので医療事務の全体的な流れを知ることが出来るようになるわけです。

また、個人病院ならスタッフの顔ぶれが少ないので慣れやすいというメリットもあります。
しかし、人間関係が限られてくるために気の合わないスタッフがいる場合には、その人間関係が継続しづらいというデメリットも浮上して来ます。
当たり障りのない関係であれば、人数が少ない分、気心が分かりやすいケースもあります。
そして、個人病院では診療科目が限られているため、同じような医療事務処理になることが多いので、慣れてくればこなしやすいというメリットになります。
その反面、別の医療機関へ転職をしようとした時に、経験があってもこなした内容に限りがあるため転職先で気後れすると言うケースも出て来ます。

勤務に関しては、個人病院なら土日や休診日が休みになるので、休みが確保しやすくなるメリットがあります。
勤務しているスタッフも限られているため、急に休みをもらいたいと思った場合には、それが出来づらいケースも出て来ます。
子育てをしている方なら、そういった意味でも急な休みにも対応してもらえそうな職場環境があるところを見つけるのが望ましいと言えるでしょう。
休みが取りづらいと言っても、個人病院ですのである程度の融通を利かせてくれることもあります。
総合病院の場合には、正社員で雇用されているケースが多いので、有給休暇を取ることも可能ですがレセプト点検の時期には繁忙期になるために休みが取りづらい環境になることも珍しくありません。
自分にとってメリットとデメリットのどちらが大きいかを良く考えてみましょう。

ステップアップして規模の大きな医療機関へ転職しよう

さらにステップアップをしてメリットをより感じられる大きな医療機関へ転職を目指すことも可能です。
確かに、大きい総合病院になると残業もしばしば出て来るのですが、それなりの対価として残業代は支払われるようになります。
個人病院では、残業代はあやふやな線引きになることもありますが、総合病院では正社員としての雇用が大半なのでその心配もありません。

そして、多くの診療科目を医療事務で経験することになるので、幅広い知識とスキルを持てるようになります。
毎日の事務作業が多岐にわたるため、それだけ多くの経験を重ねることで即戦力を身につけられるようになるのも魅力です。
診療科目も患者も多く様々な医療事務の算出を身を持って経験することが出来るので、幅広い医療事務の知識を得ることが出来るようになります。
仕事量が多いのは確かですが、福利厚生もしっかりしているのでやりがいを感じる方が多くなっています。
一方、勤務しているスタッフも多いので同僚や上司との関係も難しいように感じられるでしょう。
パワハラへの対策もしっかりしているのが大きな総合病院ならではの体制ですので、いざという時にもパワハラへの対処をしてもらえるようになります。

個人病院では患者と顔なじみになりやすいと言うケースも多々あります。
しかし、総合病院なら受付で対応して処理しなければならない医療事務の仕事量も多いため、顔なじみの患者でもそうではない患者でも同じように分け隔てなく対応しなければならないのです。
逆にその方が効率もアップするメリットもあります。
個人病院で勤務するメリットを感じられない場合やステップアップを目指したい場合なら、やはり総合病院へのステップアップを目指すのが必須だと言えます。
それだけ、給与面への反映も手ごたえを感じられるはずです。