シングルマザーは医療事務が適している?その理由とは

医療事務は病院の受付として働く仕事ですが、実はシングルマザーに向いた仕事だというのは意外と知られていません。
なぜなら、医療事務はクリニックという、休診日が決まった職場で、休日が分かりやすいので、シングルマザーの就職先として適しているからです。

クリニックによって、診療時間は異なりますが、多くの場合、朝9時頃から夕方の6時というのが一般的な時間になります。
子育てや家事と、仕事の両立が可能な就職先です。
残業もほとんどなく、定時で帰れることが多いので、自宅の近くで働けば、夕飯は子供と一緒に食べることができます。
医療事務の仕事というのは、休日が分かりやすいというメリットもあります。
多くの場合、日曜と木曜が休診日であることが多く、祝日などもお休みです。
子供との時間をしっかりと確保して、働くことができるというのは、子育てをしているシングルマザーに向いているということです。

医療事務には、パートと正社員という働き方があります。
子供が小さなうちはパートとして働き、子供との時間を大切にして、子供の成長とともに働く時間をのばしていくことで、収入を上げて行くこともできます。
診療時間の長いクリニックに転職するなどして、ステップアップしていくことが可能です。

また、出産や子育てをしていると、復職のタイミングが難しいということもあります。 おまけに、子育てや家事と仕事を両立できる仕事というのは、だいぶ限られてくるでしょう。
定時で帰る仕事を復職してすぐに探そうとすると、希望通りの仕事は見つからないということはほとんどです。
そのような時に、医療事務であれば、希望をかなえた働き方ができます。
忙しいシングルマザーでも仕事と家事を両立でき、子供と一緒に過ごす時間も確保できます。
日曜が休みということで、子供にさみしい思いをさせることもなくなります。
子供のために働いているのに、一緒に過ごす時間が無くなっては本末転倒になってしまいます。

支援制度で助成金が出るので資格も取りやすい

医療事務として病院で働くためには、資格が必要です。
医療事務の講座というのは、日本各地で開かれていますが、母子家庭自立支援制度の対象になっています。
母子家庭自立支援制度はシングルマザーが利用できる制度で、受けた講座の20%を上限として助成金が出るというものです。
母子家庭自立支援制度の利用には、あらかじめ都道府県や市町村に相談しておくとスムーズです。

母子家庭自立支援制度を利用して資格を取得したら、医療事務としてずっと働くことができます。
医療事務の資格を持っていれば、転居しても、転居先でまた医療事務として働くことが可能です。
仕事を続けることで、経験と実績がつき、自信を持って働くことができるようになります。
経験と資格を活かすことで、給与面でも優遇されるというメリットがあります。
医療事務として働くことで、安定的な収入が得られます。
患者さんとのふれあいなど、やりがいのある仕事なので、楽しみながら働けるという面もあります。
子育てした経験を活かすこともでき、受付で泣いている子供の面倒をみるということもできるでしょう。

一度取得した資格を活かして、子供の成長と共に、自分も成長できる就職先です。
休日がしっかりとしていて、定時で帰ることができるという仕事はなかなかないでしょう。
子供といる時間を確保できるので、シングルマザーが安心して働くことが出来る職場です。
女性が多いので、子供の行事などで休みたいときも、理解を示してくれます。
シフトで働くパートよりも、時間や休日と言った面で融通がきき、働きやすい職場です。
シングルマザーの、仕事と子育ての両立という大きな問題を解決できる仕事と言ってもいいでしょう。
働きやすい仕事ということで、継続的に続けることができます。